厳選!Ucar 交通法規、自動車保険などカー情報

程度の良いUcarを選びたい。中古車選びのコツや交通法規、自動車保険の種類など、カーライフに役立つ情報をシェアします。


logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2BLOG

自動車の盗難実態 ~海外の場合

海外から車の窃盗団が日本にもやって来て、高級車や4WD
など、外国で高値で引き取られる車が盗難被害に遭うように
なっています。

もともと日本は島国ですから、陸続きの大陸よりは地の利で
セキュリティ面で守られていたところもありますが、最近では
自動車をすぐ解体して(ボディも真っ二つ切断)コンテナ輸送
したりするので、日本国内も油断なんかできなくなりました。



それでは、自動車の防犯対策や、盗難の実情について海外の
事情を紹介していきましょう。

日本に比べると、海外のほうが防犯対策はしっかり
取られており、防犯意識も高いと言われています。
これは、日本と海外の治安の差が理由と言えます。

日本もいつか海外並みの防犯対策と防犯意識が必要になる
かもしれませんので、ぜひ参考にしてください。


カナダのバンクーバでは、年間の盗難車の総数は約1700台
と言われています。これは、1日に約40台以上の車が盗難に
遭っているということになります。

盗難だけではなく、車上荒らしやいたずらについては
1日100台以上とも言われており、このような状況では
防犯対策は必須になるでしょう。


車を窃盗する犯罪者の大半はスリルを求めることが多く、
スピードを出して無謀な運転により全く関係のない人々に
怪我をさせ、最悪の場合は殺してしまうこともあるそうです。
自分の愛車が原因で事故や犯罪につながり、誰かが傷つくと
いうことはとても悲しい出来事でしょう。

カナダの人々はそれを防ぐために、防犯対策をしている人が
多いそうです。しかし、盗まれるという実情が変わらない
ということは、今もなお特に対策もせずにいる人たちがいる
からです。


対策をしない人々が悪いというわけではありませんが、
防犯対策は未然に防ぐことが目的なわけですし事故や
事件は起きてからでは遅いのです。

統計では、一度盗難に遭った車が奇跡的にも発見された場合、
そのあとに防犯対策をしないという人も多く、そのように
セキュリティ対策のなされない車が再び盗まれるという
事態は起きやすくその割合は平均以上の確率ということです。



自動車盗難保険



FC2BLOG

トラックバックURL

http://bestyoucar.blog47.fc2.com/tb.php/219-aa87cba6

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

        スポンサードリンク

        

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。