厳選!Ucar 交通法規、自動車保険などカー情報

程度の良いUcarを選びたい。中古車選びのコツや交通法規、自動車保険の種類など、カーライフに役立つ情報をシェアします。


logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2BLOG

自動車保険(車両保険)を安くしたい

マイカー持つとき忘れてはいけないものに自動車保険があります。

万一の時に備えて必ず入らなければいけませんよね。
仮に交通事故で被害者の方が亡くなれば、交通刑務所に入るだけで
済みません。損害賠償として1億円以上の請求が来るのは常識の世界です。


大企業のように社有車の数が多い場合、自動車保険に加入するよりも
個別の事故に対処した方が経費を抑えられるので自動車保険を使わない
ケースもあります。

でも個人の場合、1億円以上を損害賠償できる人はまれです。
だから家族のためにも自動車保険は加入すべきなんですが、
自動車保険といっても外資系保険会社が参入している今の時代、
どこの保険がお得なのか選ぶのに困惑してしまいます。


●最近の自動車保険の動向

最近、自動車保険の競争は激しくなっています。
自動車保険会社はさまざまなサービスを提供したり、割引制度を
作るなどして顧客を呼び込むのに必死です。

自動車保険の保険料はなるべく安くすませたいものですが、
安いだけの保険料を選んでしまうと、万一の時の対応が
きちんとしているかどうか不安な面があります。

最近はインターネットを使って複数の自動車保険の一括見積もりが
できるようになり、自動車保険の比較がしやすくなりました。
自動車保険の見積もりを取る時には安くするコツがあるので、
見積もりを取る前に知っておくと良いでしょう。

安さだけに目を取られないで、補償内容や付随しているサービス
などトータルで考える必要があると思います。


●自動車保険の仕組み

自動車保険の割引制度は各社で少しずつ違いますが、
基本的なものとしては、次のような条件で変わってきます。

・運転する方の年齢、
・年間走行距離、
・車の登録年度
・エアバッグやABSなど、安全設備の有無

自動車保険は車の運転者の年齢条件の限定をすることで安くなります。
家族が何人かで車を運転する場合は21歳以上、26歳以上、30歳以上と、
年齢が高い条件になるほど安くなります。

統計では、年齢が若いほど、つまり運転免許をとって間もない年齢ほど
交通事故を起こしやすいという結果が出ているので、若い人にとっては
保険料は高くなるのです。

車の使用目的が買い物などの近所のみであれば、保険料が安くなります。
年間走行距離が少なければ保険料が安くなりますが、走行距離を超えて
しまうと、追加の保険料を払わなければならないことがあります。
年間走行距離が5000km未満の方は掛け金が安くなることをPRしている
保険会社もあります。


●自動車保険の割引について

自動車保険は加入者の等級によって保険料が異なります。
等級が上がるほど、割引率が高くなり、保険料が安くなります。
最初に加入した時は等級が低いので割引はほとんどありませんが
無事故で継続加入していると18等級以上は60%引きとなるケース
が多いですね。

事故を起こす確率の低いドライバーには保険料を安くする、
というのは保険会社の運営上当然のことなんでしょうね。


また、運転免許がゴールド免許ですと、「ゴールド免許割引」が
適用になり安くなる場合があります。
家族何人かで運転する場合は、ゴールド免許の方を記名被保険者に
されるとよいでしょう。

保険会社によっては、見積もりと申し込みをインターネットで
行うと割引になるところがあります。
申し込みはインターネットから、というのがこれからの加入方法
かもしれません。



FC2BLOG

トラックバックURL

http://bestyoucar.blog47.fc2.com/tb.php/178-88957695

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

        スポンサードリンク

        

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。