厳選!Ucar 交通法規、自動車保険などカー情報

程度の良いUcarを選びたい。中古車選びのコツや交通法規、自動車保険の種類など、カーライフに役立つ情報をシェアします。


logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2BLOG

交通事故の慰謝料相場と請求出来る条件

自動車の交通事故は、自分がいくら交通法規を守って
運転していても無法な運転をする人によって交通事故の
当該者となってしまうものです。

交通事故に遭って苦労するのは、慰謝料の請求では
ないでしょうか。相手のことを考えると、高額の
慰謝料請求は心が痛い所もありますが、相手に反省の
意味を体で覚えてもらうためにも、しっかりと事後処理を
やった方が良いと思います。


そもそも、慰謝料というものがどんなものなのか、
あなたはご存知でしょうか?

慰謝料とは、その物事や人によって、相手が精神的に
苦痛だと感じたことに対して支払われるお金のことを
いいます。
ですので、交通事故にあった時の慰謝料の相場という
ものは100%決まっているわけではありません。

あなた自身が苦痛などを感じた分を請求することは
できるのです。ただ、請求することはできますが、
請求した金額の慰謝料を支払ってもらえるとは
限りません。

交通事故の慰謝料というのは100%ではないにしろ、
ある程度決まってしまっているからです。

自賠責保険に加入している場合、1日あたり4200円が
支給されることになっています。
この場合の慰謝料の計算式は、交通事故にあって通院や
入院をしなくてはいけなくなったと仮定すると、
入院+通院期間の合計と実際に入院や通院した日数を
数えて、日数が少ない方に4200円をかけた金額が
慰謝料として支払われるという仕組みです。

ただ、大きな交通事故で長期間にわたって入院や通院
したからといって、その日数分の慰謝料が全て支払わ
れるわけではありません。

相手が加入していたのが自賠責保険のみの場合には、
限度額の上限が120万円に設定されてしまっています。
つまり、どんなに大怪我をして治療にお金がかかった
としても、120万円以上は支払われることがない
ということです。

任意保険に加入している場合には、その保険会社に
よっても慰謝料の基準も変わってくるでしょう。
保険会社の提示する慰謝料に納得がいかないのであれば、
交通事故紛争処理センターや弁護士さんに相談すること
をオススメします。

一般的には、保険会社が設定している慰謝料の基準
よりも、弁護士などが設定している慰謝料の相場の
方が高いものになっていることが多いです。

この相場のことを裁判所基準、もしくは、弁護士会基準
と呼んでいます。

弁護士に依頼した方が慰謝料の請求には有利な条件が
依頼費用も安くないので、良く検討された方がいいと
思います。


FC2BLOG
スポンサーサイト

交通事故に遭った時、何をすればよいか?

安全運転を心掛けていても、信号無視の車がぶつかって
来ることもあります。
車の運転をしている限り、交通事故のリスクは避けよう
のない一面を持ち合わせています。

交通安全を心掛けるのと併せて、万一の場合に備えて、
自動車保険などの加入条件など、適当に済ませないで
更新時期に合わせてチェックしておくのが良いと思います。


安全運転をしていても、勝手に飛び出してきた車両と接触
など、いわゆるもらい自己の時でも、その時は大丈夫だから
と言って済ませると、後で後遺症で悩まされたりすると大変
です。
もしもに備えた防御策として、交通事故の処理について
お伝えします。


交通事故にあってしまったらどうする?

もし万が一、あなたが交通事故にあってしまった時、
どのような処理や対処を行えばいいかご存知でしょうか。

もちろん、交通事故の規模の大小に関わらず、警察を呼んで
立ち会ってもらったり、怪我の程度がひどければ救急車を
呼ぶ必要がありますよね。
身体に問題がなくて、損害を感じなかったとしても、
とにかく、警察に連絡することが大切です。

交通事故にあってしまうと、ほとんどの人は冷静でいられなく
なります。交通事故にあってしまった恥ずかしさや緊張感から、
その場を早く逃げ出したいという気持ちになることも少なく
ないでしょう。

でも、その時には、痛みを感じなくても後で落ち着いてから
怪我や痛みに気がつくこともあります。
警察を呼ぶと、加害者の情報を収集してもらえますし、
交通事故にあったことを証明することができます。

車の事故の場合には、警察に連絡するのは法律上の義務なので、
当事者同士の示談などで通報せずに済ませたりしてはいけません。

警察を呼んだら、安全を確保した上で、なるべく事故の現場を
保存するようにします。警察が来るまでの間に、加害者の車の
ナンバープレートを確認してメモを取ったり、運転免許証や
車検証、保険証などを見せてもらって、住所や氏名、連絡先を
記録しておきましょう。

警察の検証が終わったら、体に異常を感じなくても、念のために
病院へ行って診断書を作成しておきます。
自賠責保険や任意保険を使う場合には、交通事故証明書の取得が
必要不可欠です。

この交通事故証明書というのは、交通事故が起きた時点で警察に
通報していなければ発行されませんから、加害者が通報しない
ようなら被害者であるあなたが通報してください。


交通事故では相手に対して厳しいと思う必要はありません。
相手によって個人的な感情は不要と言った方が良いのかも
しれません。



FC2BLOG

Paging Navigation

        スポンサードリンク

        

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。