厳選!Ucar 交通法規、自動車保険などカー情報

程度の良いUcarを選びたい。中古車選びのコツや交通法規、自動車保険の種類など、カーライフに役立つ情報をシェアします。


logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2BLOG

ハイブリッド軽自動車はUcarのみ

ハイブリッドはと言えば燃費の良さがガソリン使用量の削減に
なるので省エネ・CO2削減に効果があります。
燃費が良いクルマとなると、当然ですが小型車の中でも軽量の
軽自動車が燃費が優れています。
ですから、この軽自動車のハイブリッド車があれば、バイク並みの
リッター30キロ以上も夢ではりませんよね。


ハイブリッド車は当初、トヨタのプリウス、ホンダのシビックなど
乗用車タイプが主流でしたが、その後トヨタのエスティマや
アルファードなどのミニバン、ハリアーやクルーガーなどのSUVなど、
販売車種は広がって行きました。


軽自動車では2003年にスズキのツインが始めてハイブリッドシステムを
搭載しました。二人乗りタイプのコンパクトな車体で、ヘッドランプや
テールランプ、ホイールハウスなどに独特なデザインが施された
特徴的な車です。エンジンを主体としたハイブリッドシステムで、
加速時などにはモーターによってエンジンの負担を軽減します。
また、アイドリングストップシステムによってエンジンを自動的に
停止し、リッター34キロメートルという低燃費を実現しています。


ツインはハイブリッド車、ガソリン車ともに販売不振により、
2005年には生産中止になっています。
現在新車で購入することはできませんが、中古車市場では今も
扱われており、一部の根強いファンに支持されています。


ダイハツのハイブリッド軽自動車にハイゼットカーゴがあります。
これは始めての軽商用ハイブリッド車として開発されたもので、
トヨタのハイブリッド技術と荷室の広さ、リッター20キロという
低燃費、排出ガスレベルの低減など、実用性と環境面ともに
優れた面を多くもち、2006年には「省エネ大賞」を受賞しています。


スズキのツインとダイハツハイゼットカーゴを比較すると、
同じハイブリッド軽自動車でも用途や価格帯が異なります。
軽自動車は取り回し性や燃費に優れた便利な車で、ホンダでは
今後小型ハイブリッド車の開発に力を入れることを明らかに
しています。
ホンダから軽自動車のハイブリッド車が登場するのが
待ち遠しいです。


FC2BLOG
スポンサーサイト

トヨタ・ハイブリッド車の魅力は斬新なデザイン

トヨタは現在多くの種類のハイブリッド車を開発しています。
その中でも人気の高い車種にプリウスとエスティマ・ハイブリッド
の2車種が挙げられます。性能はもちろん、高いデザイン性が
人気の理由にあげられます。

ハイブリッド車はガソリン車と同様にエンジンと冷却装置を
搭載する他、発電に関わる装置であるバッテリー、インバーター、
コントローラー、発電機、モーターなどを搭載する必要があります。

そのコンポーネントを搭載するスペースを確保するため、エンジンを
コンパクトにし、全高を高くするなどの工夫が施されています。
またハイブリッド車は発電システムが高額なため、内装や装置、
デザインなど他の部分で価格を抑える場合もあります。


1997年に世界初の量産型ハイブリッド車として発売されたプリウスは、
5ナンバーの小型セダンでした。初代から斬新な概観で注目を集めて
いました。でも初代プリウスは世の中にハイブリッド車のことが
今ほど浸透していなかったのと、プリウスとグレードが同じ他の車に
比べて値段が高いことから、あまり売れていませんでした。

これが2003年に発売された二代目プリウスでは3ナンバーと大きく
なりました。外観デザインは初代と同様にフロントグリルとボンネット
をつないで空気抵抗を抑える効果を計った上、未来志向の一層斬新な
デザインになっています。
この2代目プリウスはハリウッドスターがアカデミー賞の授賞式に
乗って登場したことで人気に火が付きました。


2000年に発売されたエスティマ・ハイブリッドは、2005年に
3代目が発売されましたが、初代から引き続き卵形の車体が特徴で、
2代目以降はシャープさが加わり先進的なデザインになっています。
涙面風のヘッドランプ、三角窓など個性的なデザインが人気を
集めています。
アルファードハイブリッド車が生産されなくなったので、
ワゴンタイプでハイブリッド車に乗りたい人はエスティマを
選ぶようです。



FC2BLOG

Paging Navigation

        スポンサードリンク

        

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。