厳選!Ucar 交通法規、自動車保険などカー情報

程度の良いUcarを選びたい。中古車選びのコツや交通法規、自動車保険の種類など、カーライフに役立つ情報をシェアします。


logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2BLOG

検証:ハイブリッド車とガソリン車の燃費比較

ガソリン価格が少し下がったとは言うものの
依然として高値であることには変わりありません。


ガソリン価格の高騰が長く続きそうだからでしょうか
最近走ってる乗用車の種類において、軽自動車の比率が高まって
いるような気がします。


軽自動車が増えている理由の一つに
性能が大きく向上して、普通車と同じように走れるようになった
ことが挙げられます。

軽と言えば、走行性能が普通車に比べてないから
追い越し車線を走るのをためらったなんて
遠い記憶となったかもしれないですね。


性能が良くなった軽自動車ですが不安はあります。
やはり万一事故に遭遇したとき
車体が受けるダメージが大きいと思います。
もしものとき、不安だから軽には乗らないという人もいます。



普通車以上で燃費も良いクルマに乗りたいとなると
今ではハイブリッド車を選択する人が多いのではないでしょうか。
それで、燃費が良いといわれているハイブリッド車ですが
実際どのくらい走るのでしょうか。


◆ハイブリッド車の実際の燃費について

ハイブリッド車とは、ハイブリッドに「混合」という意味があるように、
一台の車でガソリンと電気を同時に燃料とする車のことをいいます。
電気がガソリンを補いながら走行し、ガソリンの消費を抑えます。

実際にハイブリッド車とガソリン車の燃費を比較すると、
一般的なガソリン車は、燃費が良い車でリッター10~15km前後が
相場であるのに対し、ハイブリッド車のプリウスでは
ちょい乗りだけでもリッター17km以上、渋滞があまりない状態で
通勤などで使っても20km以上は楽々走るようです。


ガソリン車の2倍は燃費が良いと思っていいのではないでしょうか。
ハイブリッド車の燃費は、発進や停車を繰り返して走行する場合と、
高速度で継続して走行する場合では変動します。

高速道路を一定速度で走行するときはモーター利用がほとんどなくなり
ガソリンエンジンだけで走ることになるので燃費はあまり伸びません。


ガソリン車とハイブリッド車の特性を踏まえ、自分の用途に適した車を
選ぶことも燃費を最大限抑えるためには重要なことです。

honda hybrid
p.s.
ホンダがインサイト復活させるそうですね。


FC2BLOG
スポンサーサイト

自動車保険会社の比較【損保ジャパン】

自動車保険は参入規制前ですと国内の損保会社からの選択でした。
実際の事故の時、どこが対応が良くて、
また対応の悪いのはどこか、といったような噂を着たことがあります。


実際自分が当該者にならないと、なかなか分からないものですが
自動車保険自体はそれ程差がなかったような気がしました。
どこの損保に入るかは、それこそセールスマン
またはセールスレディで決まったりしたのではないでしょうか。


ところが自動車保険への参入が規制緩和され
海外からインターネットなどで自動車保険を販売して
実際の店舗はないといった無店舗の経営で保険料を大幅に下げた
スタイルが浸透してきました。


自動車保険を検討している人も、自分でインターネットで検索して
どこそこが良いなと決めて、インターネットで加入するのが一般的に
なっていくような気がします。

電話で自動車保険販売

インターネットの検索で調べれば分かるかも知れませんが
損害保険のこと、なれないと時間がかかります、
そこで大手数社を比較検討してみました。


◆損保ジャパンの自動車保険

損保ジャパンの自動車保険をご検討されている方は
いらっしゃいませんか?

日本の企業だけでなく、外資系の企業も参入している
近年の自動車保険業界では、一体どこの保険会社が良いのか、
初めて加入をされる方であれば尚更迷うところだと思います。

損保ジャパンを選びたいと言う方のために、損保ジャパンの自動車保険を
ご紹介いたします。


損保ジャパンの自動車保険の特徴は、まず加入者にとって優しい保険を
モットーにしています。利用者ひとりひとりにそれぞれのライフスタイルがあり、
お持ちの車種や走行距離、または年齢など様々な要素があります。

そういった細かいニーズにこたえたニーズ細分型の保険を
展開しているのが大きな特徴になります。


また、車の用途も「通勤」や「レジャー」によって使用頻度が異なってきます。
それに車を運転される方の年齢なども加味されて保険料の算定がされます。
ゴールド免許であればさらにお得で納得の保険設計ができます。
損保ジャパンの自動車保険はユーザーの安心も大きくバックアップしています。

自動車保険加入車両

事故の対応も全国約230拠点、約8,500人の専門スタッフが待機しており、
いつでもどこでも加入者のサポートをします。
24時間365日の対応になりますので、迅速で的確な事故対応ができます。
さらにロードサービスも兼ねそろえていますので、専用デスクに電話一本で
JAFに取次ぎを行いレッカーや緊急修理手配をしてくれます。


損保ジャパンの自動車保険の加入者の約9割がサポート体制に
満足していると答えています。
安心の保険会社なら損保ジャパンをご検討されてはいかがでしょうか。



FC2BLOG

自動車保険に加入すると、プレゼントもらえる

自動車保険の参入が緩和されてから
海外の保険会社などが割安な保険料で
契約者数を伸ばしたりしているため
既存の国内の損保系の自動車保険も含めて競争が激化しています。

自動車保険


これは利用者にとっては、別の意味でお得なメニューが
選べることになります。
自動車保険は所詮、掛け捨てですから
割り切って保険料の安いところ、または保険加入でもらえる
プレゼントなど比べるポイントがあります。



自動車保険の見積もりをインターネット上で行った場合、
プレゼントとして金券や商品券などが貰える、
というとてもお得なケースがあります。


最近こう言ったプレゼントの付随する自動車保険の
見積もりサイトがとても多くなってきました。
見積もりは基本的に無料なので、無料で見積もりが
行える上にプレゼントまでもらえる、と言う夢のような話が、
今では当たり前のように現実として存在しているのです。



自動車は一台一台がとても高価で、そのシェアを巡る競争は熾烈を極めています。
そう言った背景もあり、各社販売促進には大きな力を注いでいます。
その一環として、プレゼントと言う手法が使われている訳ですね。


それにしても、無料の見積もりだけでもサービスと言えるのに、
そこにプレゼントまで付いてくると言うのは、
相当に凄いサービスと言えるのではないでしょうか?
その内容も、ポケットティッシュや飴玉などではなく、
500円や1000円と言った商品券や金券、同価値のポイントなのですから、
その大盤振る舞いには頭が下がります。


更に、中には様々なサイトと結び付いて、
数万円クラスの賞品や商品券などが抽選で当たるような
懸賞を行っているサイトもあります。


例えば、家庭用ゲーム機やプラズマテレビなどの豪華賞品が、
無料の見積もりを行うだけで当たってしまう可能性があるのです。


自動車の購入を考えている方は、
まず最初にインターネットで自動車保険の見積もりを行っている
サイトを探すべきでしょう。



FC2BLOG

Paging Navigation

        スポンサードリンク

        

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。