厳選!Ucar 交通法規、自動車保険などカー情報

程度の良いUcarを選びたい。中古車選びのコツや交通法規、自動車保険の種類など、カーライフに役立つ情報をシェアします。


logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2BLOG

自動車保険の等級について

自動車保険はマイカーを持つとき欠かせませんが、
気になるのは保険料ですよね。
特に免許取得して、すぐマイカー買ったときなど
自動車保険料が高いのでびっくりしてしまします。


自動車保険は、万一の時、高額の保険料を支払う必要があるので
加入者の負担である保険料も、保険会社のリスクに比例して
割引率が設定されています。


無事故で長年継続している加入者は
保険会社にとってリスクが低いお客様となるので
当然ながら保険料を割り引きして、
さらに継続してもらえるようになっています。



自動車保険に等級と言うものがある事をご存知でしょうか?
自動車保険の等級とは、保険加入者のリスクをクラス分けし、
それに伴う保険料の割増しや割引を行う制度の事です。


自動車保険の等級は、長期の間事故を起こさなければ大きくなり、
保険料が下がります。
逆に、事故を起こすと下がり、保険料が上がります。


新規契約者は6級からスタートします。
1年の間無事故であれば階級が一つ上がり、事故を起こすと三つ下がります。
等級は1級から20級までありますので、自動車保険の新規契約から
5年間無事故で過ごす事が出来れば、1級になる事が出来、
保険料の負担が軽減されます。


その反面、定期的に事故を起こしてしまった場合は、
あっと言う間に等級が下がって行き、保険料の額が
大きく上乗せされて行きます。


ただ、盗難等の車両保険の請求、歩行中に事故に巻き込まれた際の
人身事故の請求などと言った運転事故以外の場合は、必ずしも
三つ下がるとは限りません。
その場合は保険会社に確認をとり、
どうなるのかを知っておくようにしましょう。


また、軽い接触などで塗装や板金にお金が少し掛かってしまう場合に
等級が下がらないようにする為の手段として、自動車保険には
「等級プロテクト」と言う特約があります。


この等級プロテクトに入っていると、上記のような小さな出費に関しては、
保険金を請求しても等級が下がらず据え置きになります。
なお、この特約は年に一回のみの利用となっていますので、
等級プロテクトに入っているからと言って軽い気持ちで
運転するのは止めておきましょう。



FC2BLOG
スポンサーサイト

知らないと損する「自動車保険の解約方法」

原油価格の高騰でガソリン代が高くて
マイカーを一時的に手放したりする人もいるようですが
加入している自動車保険の解約も忘れずにやっておきましょう。



自動車保険に入ったはいいが、
やむを得ない理由で解約しなければならなくなった
と言うケースは実際に起こり得ます。


そう言った際に、どうすれば自動車保険を解約する事が出来るかが
わからなければ、不安に駆られて手続きを上手く行えないかもしれません。
ここではそうならないよう、自動車保険の解約方法についてご説明します。


まず、保険を解約するに当たり、その自動車保険が
・加入義務のある「自賠責保険」か、
・任意の加入である「任意保険」にするかで、その条件は大きく異なります。


自賠責保険の場合、強制保険と言う事で任意の時期に解約する事は出来ません。
自賠責保険を解約できるのは

 「適用除外者となった時」
 「告知義務違反の時」
 「重複契約の時」
 「自動車を廃車にした時」

の4つの場合のみです。



これに対し、任意保険の場合はいつでも解約する事が出来ます。
まずインターネットや電話などで自動車保険の代理店に解約の意思を伝え、
解約申込書を発行してもらいます。
そしてその申込書に記入し、手続きを行います。


詳細については代理店の説明を聞きましょう。
こうして無事解約手続きが終わると、身経過の期間に応じて保険料が返還されます。

つまり、自賠責保険に関しては基本的に解約が出来ず、
任意保険に関してはいつでも解約が可能、と言う訳です。


自賠責保険は条件面での差異は殆どなく、解約する理由は余りないので、
これで不自由する事は滅多にないでしょう。
一方、任意保険は会社によって様々な相違が見られるので、
自動車保険を選択する際は勿論、加入した後でもどこか自分にとってベストか
しっかり調査しておきましょう。



FC2BLOG

Paging Navigation

        スポンサードリンク

        

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。