厳選!Ucar 交通法規、自動車保険などカー情報

程度の良いUcarを選びたい。中古車選びのコツや交通法規、自動車保険の種類など、カーライフに役立つ情報をシェアします。


logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2BLOG

「飲酒運転」「ひき逃げ」が厳罰化

飲酒運転やひき逃げがさらに厳しく罰せられます。

昨年来より飲酒運転が原因での悲惨な交通事故、
さらに事故の後、被害者を救護しないで逃げる
悪質なひき逃げが社会問題となっていますが、
道路交通法が現行法令の範囲では最も厳しいと
いえる罰則となりました。

世論の声に行政側が応えた形ではありますが、
好ましい方向だと言えますね。


◆「飲酒運転」「ひき逃げ」が厳罰化◆
(平成19年9月19日施行)

▼酒酔い運転の罰則
改正前:3年以下の懲役または50万円以下の罰金
改正後:5年以下の懲役または100万円以下の罰金

▼酒気帯び運転
改正前:1年以下の懲役または30万円以下の罰金
改正後:3年以下の懲役または50万円以下の罰金

▼飲酒運転者への車両提供
改正後:運転者と同等の罰則

▼酒類提供や同乗者の罰則
改正後:運転者が酒酔い運転した場合
    3年以下の懲役または50万円以下の罰金
    酒気帯び運転の場合
    2年以下の懲役または30万円以下の罰金


罰則を厳しくしないと飲酒運転が跡を絶たないと
いうのは残念なことですが、そうでもしないと
減らないというのは飲酒運転がタバコや薬物と同じ
ような魔力があるからでしょうか。


FC2BLOG
スポンサーサイト

F1佐藤琢磨選手、挽回なるか

F1グランプリ第15戦日本GP

富士サーキットでのグランプリが始まりましたね。

昨年まで20年続いた鈴鹿サーキットと違い
30年振りの開催となれば、各チーム初めての
挑戦となりますね。

もっともトヨタのサーキットですから
トヨタが有利な面はあるのでしょうが

外国の報道関係者にとって
日本といえば
 フジヤマ
 ゲイシャ
 スモウ
 サムライ
などのイメージがあるでしょうから
まず富士山をバックにした富士サーキットを
疾走するF1マシンの写真が欠かせないでしょうね。

予選での裏事情は報道関係者の「けんさわ」の
「サ便。」こと「サーキット便り。」 2007
おもしろく大変参考になります。

さて、佐藤琢磨選手ですが
予選1日目はマシン故障で22位と結果が出ませんでした。
でも佐藤選手、意外にも表情が明るいようです。

みんな慣れていないコースだから
逆転のシナリオは色々あるのかもしれません。
2日目と決勝レースが楽しみですね。





FC2BLOG

F1マシンのサウンドに2000人のファンが満足

富士スピードウェイで30年ぶりのF1
楽しみですねぇ。

9月28日からの予選の前に
F1ファンのためにF1マシンを見学できる
ピットウォークが27日開催されましたね。

抽選で選ばれた約2000人のファンの人
国産のトヨタ、ホンダをはじめ
フェラーリなどの参加11マシンを目の前で見れて
写真撮ったり、F1サウンドに酔いしれたりと
満喫できたようです。

一般の人がF1ピットに入れることは
まずありませんので、このようなファンサービス
これからも続けて欲しいですね。


ファンがあってのモータースポーツですからね。

浅草にF1マシン登場とか
いいですね。

環境に優しいエンジン音の静かな車増えましたが
力強いエンジン音の魅力
自分の車では感じにくくなっています。

スポーツマフラー装着している人かなりいますが
エンジン音以外で楽しめる車のマシンとしての
サウンドを楽しんでいます。


堂々と音を出すことが出来るF1って
うらやましい限りです。





FC2BLOG

ディーゼル乗用車が受けない理由

トヨタのハイブリッド車が売れていますね。

トヨタではプリウスから始まり
エスティマ、アルファード、ハリアーといった
人気車種から高級車レクサス(セルシオ)まで
ラインアップされています。

トヨタ以外では
ホンダにシビックですね。

日本の自動車メーカーが世界にその技術力を
示している良き例の一つがハイブリッド車です。


■地球温暖化防止のためCO2削減効果が高い自動車
として日本ではハイブリッド車が考えられますが、
国際的に見るとヨーロッパはディーゼル車の採用ですね。

確かにCO2排出量だけに着目すると
最新のディーゼル車の性能かなり良くて
ハイブリッド車と比べていい勝負しています。


ところが、日本ではディーゼル乗用車が売れません。
ディーゼル乗用車作っているメーカー、知っていますか。

一時期は各メーカーにあったはずなのに
最近ではすっかり見かけなくなりました。

ワンボックス車でもディーゼル車少なくなっています。
トヨタのハイエースにしろ、三菱のデリカにしても
ガソリン車の方が増える傾向です。


ディーゼル車が売れないのは
排ガス規制が厳しくなり、規制に対応した新車が
従来よりも50万円前後高くなっているからです。

値段がぐんと高くなっては、もうちょっと頑張って
ハイブリッド車にしようかとなります。

商用車のトヨタハイエースのディーゼル車にしても
規制対応している新車は買値で40万円位高くなっています。
会社で買うにも、初期費用が高いと買いにくくなりますね。

余談ですが、僕が会社で通勤バスを買い換えるのに
今年やり取りした中で70人乗り大型バスが
13年前に1200万円台で買えたのに、今回の見積りは
1800万円台です。

価格が大きく跳ね上がった原因が排ガス規制対策なんですね。


でもこの規制のおかげで、首都圏の道路周辺の空気が
かなりきれいになりました。
立役者である石原都知事が再選された理由の一つが
この排ガス規制の導入ですね。







FC2BLOG

Paging Navigation

        スポンサードリンク

        

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。