厳選!Ucar 交通法規、自動車保険などカー情報

程度の良いUcarを選びたい。中古車選びのコツや交通法規、自動車保険の種類など、カーライフに役立つ情報をシェアします。


logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2BLOG

【かめ運転】は意外と早い!

かめ運転って知っていますか?

運転の仕方は大きく3つに分けることができます。
貴方はどの運転方法でしょうか。

 ・うさぎ運転
 ・かめ運転
 ・ねずみ運転

前提事項として、
いづれの運転方法も、法定速度以内での運転です。

▼うさぎ運転
頻繁に車線変更を行い、前へ前へとお急ぎの運転方法

▼かめ運転
主に走行車線を走る慎重な運転方法

▼ねずみ運転
住宅街の狭い道など、抜け道中心の運転方法


◆うさぎ運転、かめ運転、ねずみ運転の3方法で比較したとき
 かめ運転は本当に遅いと思いますか。

実は、かめ運転はうさぎ運転とあまり変わらないくらい
早いんです。


頻繁に車線変更するうさぎ運転は、神経使うし急いでいる感じ
が強くします。でも、車線の流れが不規則に変動するので無駄
な動きとなることも結構あります。

実際同じ道路を3通りの運転方法でどれくらい違うのかテスト
したこともあります。
その結果からは、かめ運転はうさぎ運転と到着時間が大して変
わらなかったようです。

安全な上に、到着時間もそれほど変わらない
かめ運転は予想以上にお薦めです。
 


FC2BLOG
スポンサーサイト

教習所で飲酒運転を体験!!

飲酒運転を体験したことありますか?


実際には、やってはいけないことですが


酒酔い体験イベントとして体験された方がいます。

教習所の練習コースを使って、実際飲酒運転を体験してもらい、
自分が考えている飲酒運転の危険性と実態との差が如何に大きい
か体験してもらう企画だったようです。

■ニュースより内容を紹介
参加者は1時間半程度、お酒を好きなだけ飲んでから
運転した結果、

◆動体視力の低下が顕著
 ある方は、飲酒前0.7が0.1まで低下
動体視力が極端に下がっていることは、対向車輌など
の認識が遅れて交通事故に遭遇する確立がぐんと高く
なっていることを物語っています。

◆参加者の多くが予想より運転能力の低下を体験
飲酒前では簡単だった教習所の練習コースで脱輪したり、
制限速度を守れなかったり、また安全確認も忘れてしまう
など、ほとんどの参加者が運転能力の低下に驚いていました。

飲酒運転の取締りが強化されたからやらないのではなくて、
本当に危険なんだということを認識すべきでしょう。


一瞬にして本人はもちろん、家族から関係者まで多大な
迷惑をかけてしまう飲酒事故
飲酒事故は死亡事故となる場合がほとんどです。









FC2BLOG

教習所で飲酒運転を体験!!

飲酒運転を体験したことありますか?


実際には、やってはいけないことですが


酒酔い体験イベントとして体験された方がいます。

教習所の練習コースを使って、実際飲酒運転を体験してもらい、
自分が考えている飲酒運転の危険性と実態との差が如何に大きい
か体験してもらう企画だったようです。

■ニュースより内容を紹介
参加者は1時間半程度、お酒を好きなだけ飲んでから
運転した結果、

◆動体視力の低下が顕著
 ある方は、飲酒前0.7が0.1まで低下
動体視力が極端に下がっていることは、対向車輌など
の認識が遅れて交通事故に遭遇する確立がぐんと高く
なっていることを物語っています。

◆参加者の多くが予想より運転能力の低下を体験
飲酒前では簡単だった教習所の練習コースで脱輪したり、
制限速度を守れなかったり、また安全確認も忘れてしまう
など、ほとんどの参加者が運転能力の低下に驚いていました。

飲酒運転の取締りが強化されたからやらないのではなくて、
本当に危険なんだということを認識すべきでしょう。


一瞬にして本人はもちろん、家族から関係者まで多大な
迷惑をかけてしまう飲酒事故
飲酒事故は死亡事故となる場合がほとんどです。









FC2BLOG

安全運転のテクニック【居眠り運転対策】

居眠り運転は睡眠不足出なくても起こります。

疲れや疲労感がなくても、
また、酒を全然飲んでいないにもかかわらず
強烈な睡魔に襲われることがあります。

強烈な眠気に襲われているとき、いつでも車を
止められるものではありません。
むしろ高架の上を走っていて、しばらく運転
しなければならないようなケースが多いものです。

▼眠気と戦いながらの安全運転は危険です。

いくら注意しようとしても、意識レベルにおいて
注意力が低下しています。
追突事故や信号無視のよる衝突事故のリスクが
うんと高くなります。

車をしばらく運転しているとき、眠くなるのは
高速催眠という現象です。

一定以上連続で運転するときは、個人差はありますが
必ず発生してきます。
要点は、高速催眠により強烈に眠くなる前に眠気を
覚ますガムや休憩など、自分に合った対処方法を見
つけて予防することだと思います。



FC2BLOG

安全運転のテクニック【スピードの出しすぎの誤った理解】

スピードの出し過ぎといえば、
制限速度の30km/h以上
と思っていませんか。

著しい速度超過が死亡事故の大半
と思っていませんか。


速度違反を伴う死亡事故において、
30km/h以上超過の著しい速度超過が占める割合は
4分の1以下なんです。

死亡事故の80%以上は70km/h以下で発生しています。

人身事故で見ると、なんと40km/h以下で大半(8割)
の事故が発生しています。


■つまり、みんなが通常走行している速度で
 スピードの出し過ぎが原因の死亡事故
 発生しているのです。

スピードの出し過ぎ、といっても交通事故
原因となるのは道路状況で個々に違います。

横断歩道に人がいる、
雨が降っている、
逆光となっている、
etc、、、、、

同じ道路を同じ時間帯で走行していても
上記の環境条件に加えて一緒に走行している
車両で同じ条件はないといえます。

その時々の条件でスピードの出し過ぎといえる
速度が異なるものです。

◆スピードの出し過ぎの危険は、
70km/h以下で大抵は起きているのです。










FC2BLOG

安全運転のテクニック【死亡事故に直結する運転】

死亡事故に直結する運転】

死亡事故に直結する運転といえば、

・著しい速度超過、・一時停止違反、・信号無視

などを連想しませんか。
しかしながら、実際死亡事故は上記の運転が原因で
起こることは少ないです。


実際の死亡事故の原因となっている運転は

安全運転義務違反

が大半を占めています。


安全運転義務違反

・わき見運転
・考え事して運転する
・携帯電話しながら運転する

安全運転義務違反となる運転は、運転に集中できていません。
つまり走行する前方へ意識がいっていないので、
危険な状態への対応が遅れるのは自明の理です。

ハンドル握ったら、雑念から頭を切り替えて
運転に集中することが肝要です。




FC2BLOG

安全運転のテクニック【危険予知②】

安全運転のための危険察知テクニック②


交通事故の発生する個所はなんと言っても交差点です。

交差点を安全に走行することは、
交通事故に遭うリスクを大きく下げてくれます。

交差点を安全に走行するためには
先行車の動きに対する危険察知と、
後続車両に対する危険察知の両方必要です。


▼先行車両の動きに対する危険察知
jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj
先行車両が交差点で左折もしくは右折する
ことを常に想定して運転します。

最近のドライバーマナーは年々悪くなっています。
右左折し始めるまでウィンカーを出さない車増えています。
先行車にぴったりくっついて走行していると、追突事故に
巻き込まれる可能性がぐんと高くなります。


▼後続車両がある場合の危険予知
jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj
信号停止や右左折の際、後続車に追突されるリスクを
避けるため早めのウィンカーと後続車両との車間距離を
確保することです。  







FC2BLOG

安全運転のテクニック【危険予知】

安全運転のためのテクニックで、最も大切なテクニックは

「危険な状態に直面しないテクニック」 です。

最も大切なテクニックは
普段最も使わなければいけないテクニックです。


そこで危険な状態に直面しないために、
とても有効な方法として

「危険な状態をいち早く察知するためのテクニック」

があげられます。
車は走行時、1秒あれば数十メートル移動します。
一瞬の差で大事故になったり、
事故を運良く回避できたりします。


◆危険予知の察知ができるようになるためには
 訓練が必要です。

ただ無意識に運転していても身に付くものではなりません。
意識して心掛ける必要があります。

でも難しいわけではありません。
一定のレベルですと、日頃からの心がけ次第で
危険予知のテクニックは身についてきます。

【テクニック】
前方に停車している車があれば

子供の飛び出し、
駐車車両が急に動き出す、
駐車車両のドアが開く、

対向車が来ていると、上記のことがおろそかになります。
無理しないで、対向車両の通過を待つもの得策です。

◆◇安全運転のテクニックはシリーズでお届けします。



FC2BLOG

Paging Navigation

        スポンサードリンク

        

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。