厳選!Ucar 交通法規、自動車保険などカー情報

程度の良いUcarを選びたい。中古車選びのコツや交通法規、自動車保険の種類など、カーライフに役立つ情報をシェアします。


logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2BLOG

燃費のよくなる運転(2)

燃費のよくなる運転方法、その2

省エネセンターのデータによりますと、車の燃料消費は

①発進時に使う燃料:38%
②走行時に使う燃料:35%
③信号待ちなど  :27%


燃費がよくなる運転(走行時)
アクセルはできるだけ一定に保つ。

アクセルの踏み込みを変化させると、車の速度が変わるので、
当然ブレーキのタイミングが多くなります。

加速とブレーキングが増えれば、燃費は当然悪くなります。
逆を言えば、アクセルの変化が少ないと、燃費はよくなります。


高速道路を走行時の燃費が一般的によいのは、ブレーキングの
回数が少ないから、アクセル一定の時間が多目になり、結果と
して燃費がよくなります。




FC2BLOG
スポンサーサイト

燃費がよくなる運転(1)

燃費のよくなる運転方法、その1

省エネセンターのデータによりますと、車の燃料消費は

①発進時に使う燃料:38%
②走行時に使う燃料:35%
③信号待ちなど  :27%

つまり、1トンからなる重い車体を動かし始める発進時が
最も燃料を使うことが示されています。


したがって、燃費のよい運転は、まず発進の仕方が大きく
関係してきます。

燃費がよくなる運転(発進時)
AT車では、ブレーキを離してからアクセルをゆっくり踏
むと、燃費はよくなります。

車の流れを乱さない程度に、ゆっくり加速がポイントの
ようです。

後続車があおるような場合は、注意が必要ですので、ケース
バイケースで使い分けた方がよいと思います。


FC2BLOG

高騰ガソリン対策

高騰ガソリン


ガソリン価格が高騰しています。
毎日運転される場合、ガソリン価格の高騰は頭が痛い話です。

普段利用しているスタンドより1円でも安いスタンドあれば、
行ってみようかと考えたりします。


近くに1円でも安いスタンドはないかを調べるのは結構大変
です。そんなとき、安いスタンド情報を提供しているHPが
役に立ちます。

e燃費

全国のガソリン販売価格を集計して、都道府県別の平均価格を
表示しています。
データは1時間ごとに更新されています。

携帯版e燃費

携帯用にはQRコードが用意されています。



FC2BLOG

どうして起こる、飲酒事故

飲酒事故が後をたちません


先週末、福岡県で飲酒運転の車に追突され、海に落ちた
車に同乗していた幼児が3名なくなりました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

飲酒運転が原因で幼児が亡くなるといえば、飲酒運転
関する道路交通法改正まで及んだ、1999年11月に東京都
世田谷区で起きた東名高速飲酒運転事故を思い起こされ
ます。

法改正があると、しばらくは効果が出ているのですが、
時間の経過とともに、悪質な違反者が出てきています。


どうして、飲酒運転を繰り返すのでしょう。
今回の福岡県で発生した飲酒事故の加害者、飲酒運転
初めてだったとは思えません。

この理由の一つとして、飲酒運転と飲酒運転に対する
刑罰を比べたとき、刑罰が意外と重くなっていないこ
とが上げられます。

危険運転致死傷罪で処罰されるべき泥酔運転者が、事故
を起こした後逃走し、その後逮捕されて飲酒検知となる
ときには、呼気中のアルコール濃度が下がっていること
が考えられます。

もっと悪質な場合、飲酒事故を起こして逃走し、事故車両
を隠してから飲酒した場合、運転前の飲酒か降車後の飲酒
か判断できなくなります。

このような場合、本来、危険運転致死傷罪となるべきとこ
ろ、業務上過失致死傷罪にとどまる例が多く発生していま
す。

飲酒運転の証拠確認が困難であるという理由から、現在の
法規制では残念ながら飲酒運転を根絶はできません。


ドライバーが車を運転するときは1滴も飲まない、という
考え方が浸透する必要があります。

飲酒の機会に同席している人が車の運転をすることに気付
いていれば、酒気帯び運転ほう助で処罰されます。

飲酒のするときは、車の鍵を持たないことが一番です。






FC2BLOG

駐車違反取締り強化!宅配便を除外できない理由

■駐車違反取締り強化で宅配便などを除外できない理由


駐車違反取締り強化で、全国で6割の人が好意的に受け
止めるなか、宅配便福祉車両については規制の対象から
除外してもよいと8割の人が思っているようです。

しかしながら規制と除外対象は慎重に考える必要があると
思います。

規制の除外対象を一旦設けると、規制ぎりぎりの線を狙う
人が必ず出てきます。

最初は小さな通り穴かもしれませんが、規制の対象外を
意図的に悪利用するケースが出始めると手におえなくな
ります。

せっかく効果の出ている駐車違反取締り強化です。
駐車スペースの充実などの整備を進めることで、
「止め得」をなくする仕組みつくりが望まれます。



FC2BLOG

駐車違反、6割の人が「減った」と思う!

■駐車違反取締り強化、全国で効果を確認される。


6月1日から駐車違反取締りが強化されましたが、今月5、6日
に読売新聞が行なった全国世論調査では、62%の人が駐車違反
が減ったと回答してることが発表されました。

道路交通法の改正が広く国民に受け入れられることは、あまり
ありません。

今回の調査結果は、違法駐車に対して、今まで多くの人が迷惑
していたことを裏付けるものでしょう。


また、駐車違反取締りの民間委託についても、6割の人が好意的
に評価しています。

民間の力を上手く利用した道路交通法の改正、この法改正を企画
した官僚、相当よく検討されています。








FC2BLOG

Paging Navigation

        スポンサードリンク

        

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。