厳選!Ucar 交通法規、自動車保険などカー情報

程度の良いUcarを選びたい。中古車選びのコツや交通法規、自動車保険の種類など、カーライフに役立つ情報をシェアします。


logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2BLOG

Ucarのお得な買い時とは?

Ucarの買う時期で、値段や中古車市場の商品数などから
買い時と、逆に高値で買うことになる可能性の高い時期が
あります。

ところで、買い時はいつ?と聞かれたら、
GWが過ぎた5月の今頃がUcarの買い時です。
5月の連休明けがUcar買い時な理由をお伝えします。
5月以外にも、車種などによって買い時となる時期が
ありますので、知っていると便利です。


中古車を買う時期でオススメなのは、新卒者がだいたい車を
買い終わる5月のゴールデンウィーク明けです。
ちょっとくらい高くてもたくさんの中古車の中から選びたい
という人は、3月くらいに探してみると需要が多くなる時期
に向けて在庫が増えていると思います。

正規店ディーラー系の中古車がほしいなら、決算期の3月か
9月にチェックしてみるといいかもしれません。フルモデル
チェンジした後、評判が上がった車などは狙い目です。
逆に、「前の方がよかった・・・。」という人が多くなると、
フルモデルチェンジ前の中古車が高騰してしまう可能性も
あります。

ほしい車種が決まっているのなら、新車の動向も合わせて
注目しておく必要があるでしょう。4WDが欲しいという
人は、スキーやスノボシーズンが終わってから買うと安く
買えるかもしれません。秋から冬よりも、春から夏にかけて
購入した方がいい車が安く買えるはずです。

反対に、オープンカーを冬に買おうという人は少ないので、
オープンカーは冬に値下がりします。寒くなる時期に
オープンカーを手放す人もいるので、いい車に出会える
可能性も高くなるでしょう。

3月、6月、9月、12月には新車ディーラーの決算上の
締めがあります。それに合わせて新車を買い、今まで
乗っていた車を売る人もいますから、ほしかった車が
手に入るかもしれません。中古車の在庫が増えることで、
売れない在庫の価格が下がるという可能性もあるのです。


Ucarの買うタイミングついてご紹介いたしました。
新車と異なり、UcarはUcarショップの在庫数や
決算時期などで売値がかなり変動します。ホームページや
実際の店舗を定期的に確認するのがお買い得なUcarと
出会う可能性が高い秘訣でしょう。


FC2BLOG

自動車保険は自分を守るシートベルト

マイカー購入する時、必ず加入した方が良いと言われるのが
自動車保険(任意保険)です。
自動車は便利で快適なものですが、一歩間違えば「走る凶器」
になるものです。その万一の時のために、かなり高額ですが
自動車保険に入った方が無難でしょう。

もし不慮の交通事故で加害者となって、被害者への補償金が
1億円以上になることなんてよくある話ですが、1億円以上
なる補償金を普通の人は払えません。
でも払わなければいけないのですから、そうなった場合は
人生は交通事故の補償のために一生償いの人生になる可能性
がかなり高いと言えます。

高いとは言っても年間で10万円程度です。
自動車保険は自動車を快適に利用するために用意されている
自分の人生を守るシートベルトのようなものです。


◆自動車保険の種類について

自動車保険には、大きく分けて二つの種類があります。

一つは車を所持したら、強制的に加入させられる
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)。

そしてもう一つは、万が一、事故を起こした際の賠償金や
修理代の負担軽減を目的に、任意で各保険会社の用意して
いる保険に加入する任意保険です。

強制保険である自賠責保険は、掛金も少額ですが、事故の際に
支払われる保険金額も少額で、傷害で120万円・死亡では
3000万円・重度後遺障害には4000万円が上限です。

これだけでは双方の自動車修理代や、それ以上の損害賠償金は
自腹となってしまいますから、多くの人達は、それ以外に
各保険会社が用意している自動車用任意保険に加入しています。

掛金や支払われる金額は、保険会社の設定や補償内容によっても
違ってきますが、基本的に若いほど掛け金が高く設定されており、
無事故が続くと徐々に掛金が下がります。
逆に、事故で保険を使うと、次の更新から掛金が高くなります。

任意保険は、人身だけでなく、対物補償にも対応しているのも
特徴でしょう。余分に掛金を支払うことで、相手の車や壁、電柱
などが補償内容に含まれたり、自損事故(自分一人で電柱や壁
などにぶつけた相手が存在しない単独事故)の修理代が保証に
含まれたりといった様々なコースが用意されています。

任意保険で用意されている補償は以下のとおりです。
・対人賠償補償
・対物賠償補償
・搭乗者傷害補償
・自損事故補償
・無保険車傷害補償
・車両補償(自分の車)
・人身傷害補償

自動車保険は見てお分かりのように、すべて補償する内容です。
車社会を支える裏方ですが、車買う時は必須アイテムですね。


FC2BLOG

Paging Navigation

        スポンサードリンク

        

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。